Grass cutting machine

芝生の手入れ

手入れ方法の種類と特徴について

Grass cutting machine

雑草は、すぐに処理をしたほうが良いと言えます。雑草は放置しておけばおくほど根をはりますので、抜けにくくなるとともに芝生の栄養を奪ってしまいます。根をはってから抜こうとすると芝生も一緒に抜けてしまうことがあります。抜くときのぽいんととしては途中でちぎらずに根から抜いてあげることです。そうすることによって生えにくくなります。水やりは時期によって回数や量が異なります。夏場は毎日のように水をあげなくてはいけません。逆に冬場は水やりはほとんど必要ありません。芝生が茶色くなり枯れたような色になりますが、夏になると緑にもどりますので心配いりません。

工夫点や庭を作る上でのポイントについて

芝生の面積が広い場合は、水やりが大変なのでスプリンクラーなどを使用すると便利です。ホースに取り付けられるようなもので安く手に入れることができますので、毎日の手入れの大変さを考えると一度使ってみるといいと思います。また、芝刈り機もいろいろな種類があるので使いやすいものを選ぶことが大切です。一度購入すればずっと使えるものなので価格に惑わされず使いやすいものを買うのがおすすめです。秋などは枯葉などを定期的に取り除いてあげることも重要です。湿気が溜まりやすくなると枯れてしまったり芝生が一部生えてこないことがあるので注意が必要です。人工芝は手入れもなく楽なので、人工芝と天然芝を組み合わせて庭をつくることも一つの方法だと思います。